面会に関するお願い

面会に関するお願い

 「大阪モデル」警戒への移行(黄色信号点灯)に伴い、引き続き、ひだまりの家では、社会福祉施設等(入所施設・居住系サービス)での面会及び外出の実施にあたっての留意点(令和3年11月24日 厚生労働省事務連絡)に沿った

新しい「面会の条件」のもとでの 面 会 としています。

《新面会条件》

  • 面会場所は、1階フロア 談話コーナーとする
  • 同時面会人数は、2人(2人以上の場合は交替で)とする
  • 1回の面会時間は、15分程度とする
  • 「面会者健康チェックシート」の全てに該当しないこと
  • 面会時間中はマスクを着用すること
  • 面会前後は手指消毒をすること
  • 面会者の手指や飛沫等が入所者の目、鼻、口に触れないようにすること
  • 手を握ることは差し障りありませんが、抱擁は行わないこと
  • 飲食は可能な限り控えること
  • 大声での会話は控えること
  • 施設内のトイレの使用を必要最小限とすること

尚、引き続き、入館・面会・外出は 制限 しています。
※ 事前に、ご希望の日時に面会可能かどうか、ご確認願います。
  入居者が発熱されている場合は、面会をご遠慮願います。

 ●府民の皆様へ(特措法第24条第9項に基づく)
〇 感染防止対策(3密の回避、マスク着用、手洗い、こまめな換気等)を徹底してください。
 会食を行う際は、4ルールに留意してください。

  • 同一テーブル4人以内※1
  • 2時間程度以内での飲食
  • ゴールドステッカー認証店舗を推奨
  • マスク会食※2の徹底

※1 同居家族や乳幼児・子ども、高齢者・障がい者の介助者などはこの限りではありません
※2 疾患等によりマスクの着用が困難な場合などはこの限りではありません。

 特に、クリスマスや忘年会、新年会や成人式前後の懇親会など、多人数が集まる場合は、上記のルールを徹底してください。

 感染不安を感じる無症状者は、検査を受診してください。

以上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です