ひだまり10月号

だまり10月号 発行しました

開業16周年のご挨拶。

緊急事態の解除を受けて、ひだまりの家では、大阪モデル「警戒(黄色信号の点灯)」の期間(10月1日から31日まで)一定の条件のもとで、面会を再開しました。改めて「面会の条件」を記載しています。尚、入館・面会・外出は制限中です。物品の受け渡しは等は玄関で行います。その他、大阪市が実施する無症状の施設従事者に対するPCR検査の結果、今月のカレンダー等。巻頭詩は、菊池惟子の「すすきの原 なびいて運べ」より「離れて」、今月の一句は飯田蛇笏です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です