面会に関するお願い

面会に関するお願い

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)がさらに各地で広がっております。

特に重症化が懸念される、高齢者や基礎疾患を有する方々が入居される施設等に対しては、
今後とも継続して、感染拡大防止対策の徹底が要請されています。

イエローステージ2の期間(8月21日~8月31日)の対応方針に基づく要請

第24回大阪府新型コロナウィルス対策本部会議において、クラスターが発生した社会福祉施設への応援職員派遣スキームを検討中であることが示され、事前準備のアンケートがすでに行われています。

感染経路不明の陽性者の方が多数おられることから、引き続き、緊急止むを得ない場合を除き、入館・面会・外出を制限いたします。

  8月21日以降も当分の間、従来通り、

一定の条件のもとでの面会といたします。

※ 事前に、お電話にて、ご希望の日時に面会可能かどうか、ご確認願います。
※ WEBによる面会はおこなっておりません。

《面会の条件》
  1. 過去2週間以内に感染者、感染の疑いがある者、濃厚接触者との接触がないこと
  2. 「面会者健康チェックシート」の全てに該当しないこと
  3. 面会場所は、1階フロア面会スペースとする
  4. 同時面会人数は、2人(2人以上の場合は交替で)とする
  5. 1回の面会時間は、15分程度とする
  6. マスクを着用すること
  7. 面会前後に手指消毒をすること
  8. 手を握ることは差し障りありませんが、抱擁は行わないこと
  9. 面会者が入居者の涙や鼻水を拭う等しないこと

以上

追伸
 尚、特段の理由(往診、営繕、看取り期、入退去等)がある場合には、《面会の条件》を厳守して頂いたうえで、
入館・面会・外出(受診)を認めます。お荷物等は、玄関でお預かりいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

定期健康診断

次の記事

9月予定献立